読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私のブログ

こどもの事とか虫の事とか

3歳の息子が絶対に怒るやってはいけない遊びを見つけてしまったので「はてなブログ」で反省する事にシタ!【修正Ver.】

 

私は3歳の息子に朝も夕も晩も時間があれば常に遊びにつきあわされております。

 

まぁ、それは別に良いのですがいつもいつもその【こどもの遊び】に付き合わされている感じは息子にとっても私にとってもメリとハリに欠けるものになる様な気が最近したのです。

 

ですから私にも私の主導の元における「遊ぶ権利」があるのだとしたら一回くらい【こどもの遊び】ではなく【私のやりたい遊び】をしたい。

そしてその時にはその「遊ぶ権利」を行使しても良かろうもん。と思ったのです!

 

そんな考えに至ると私は早速息子のおもちゃを色々やりながらノジノジノージーみたいに「何かおもしろいコトひらめきたいなー。」とかブツブツ言いながら考えに考え、ついに【私のやりたい遊び】を発見したのであります。

 

3歳の息子は前回の記事にも書いた様にトイストーリーが大好きなのです。
ですから息子も私も楽しめる様にと私もトイストーリーのメインキャラクターを使った【私のやりたい遊び】を考えてみたのです!キラン

 

しかし今回お話しする内容とはそんな【私のやりたい遊び】をついつい思いついてしまったが為に起きた事件をお話しすることになります。

 

f:id:toithomas:20140604223209j:plain

 

先日の事です。
いつもの様に息子は当然の如く【バズライトイヤー】を使い、私にはほぼ強制的に【ウッディ】を使わせてきます。
そうです。遊びは息子の主導の元、突然やってくるのです。

 

遊びの始まりのセリフはこうです。

 

「ウッディー!!

 なーにしてんだよぉー!!!」

 

何もしておりませんが.......(それバズというかウッディぽいんだけど

まぁ、この様にしてトイストーリーごっこが始まり私の【ウッディ】は息子の暴力に支配された【バズライトイヤー】にいつもボコボコにされて両足はへし折られ、頭から地面へ叩きつけられた後、背中のピック(引っ張ると声が出る)を引っ張りだしてはテーブルの脚に身体ごとグルグルに縛り付けられるというトイなストーリーとは程遠い脚本なのです。

 

こんな悲しき目にあわされ続けるウッディになりきっている私は

 

「やめた。もういやだ。私のやりたい遊びがしたい。」

 

そう言いました。
すると息子は

 

「イイヨ!じゃあーなにする??」

 

f:id:toithomas:20140605082605j:plain

 

と言うのです。
素直じゃあないか。
ふっ、とうとうやってきたな【私のやりたい遊び】をする時が...クックック

 

ポテトヘッド最高じゃん!

 

「もっと平和的でおもしろくて優しい遊びがしたい。」

 

そういつも願う私は3歳の息子のそんなバイオレンスでどう見てもトイストーリーとは似ても似つかぬ恐ろしい遊びから今まさに抜け出すのです!
そしてとうとう【私のやりたい遊び】を体現出来るチャンスが巡って来たのだ!
そう思うと早速おもちゃ箱へ私は駆け寄りガサガサガサと、あるキャラクターを取り出すのです。

 

そうです。

 

【ミスターポテトヘッド】です。ジャーン

 

これです。

 

f:id:toithomas:20140605072023j:plain

 

私はいつもこの【ミスターポテトヘッド】で息子と遊ぶ度になぜかとてつもなく大きな可能性を感じていたのです。
そしてついにその可能性を開花させる時が来たのであります!

 

【ミスターポテトヘッド】の特徴といえば映画でもお馴染みの手、足、鼻、目などのパーツ全てが取り外せ尚かつ様々な容姿を作り出す事が出来るのです。

 

察しの良い方はもうお気付きになられたでしょうか?

 

そうです。変顔が出来るのです。

 

それでは3歳の息子のバイオレンスなトイストーリーごっこに付き合わされ続けた末に私がひらめいた【私のやりたい遊び】をご覧下さい!
(決して通報したりしないで下さいね。)

 

 

 

こちらです!!

はりきってどうぞー!!

 

 

 

f:id:toithomas:20140605075239j:plain

f:id:toithomas:20140605074917j:plain

f:id:toithomas:20140605074524j:plain

f:id:toithomas:20140605074007j:plain

f:id:toithomas:20140605073254j:plain

f:id:toithomas:20140605072604j:plain

 

 

私は自分でやっておきながら辛抱たまらず

 

 

「いぃーーひっひっひっひぃぃいい!」

 

 

とそりゃあもう涙拭きながら笑っちゃったので当然息子も一緒に笑ってくれているかなと思ってフイと横を見やると

 

 

 

 「やめでぇぇえええええ!!!」

 

「こうじゃないっ!!

 ぎゃぁあああ!!!!だめぇぇ!」

 

 

という風に完全に怒っているのです。
それから私の力作たちを投げて蹴飛ばしてと大変な騒ぎになるのです。

 

 

f:id:toithomas:20140605080109j:plain

 

 

イヤだったんだね.....。

 

ごめんね息子よ。
もう私はこんな事はいたしませんからこうして「はてなブログ」でしっかり反省しまた明日からあなたの【バズライトイヤー】主演のトイス...いや、バイオレンスストーリーにお供します!!